2015年07月09日

NO.1907 宙組観劇〜

朝、GAIAの食事とトイレチェックをして〜〜





お仕事して〜〜





セカンドビジネスのサロンに寄り〜〜





宙組公演「王家に捧ぐ歌」観劇〜〜

















12年前に星組初演を3回も観劇してる桃子・・・





今回

同じストーリーなのに感じる空気が全然違うの?







一番感じたのは・・・



芝居から歌の導入。



しっかり声を出し歌手として歌うの・・・







辛くて声が出ない中

心、気持ちを伝えてもいいのでは?



と、思いました。







アイーダのクミ(実咲凜音)

我が生徒なので贔屓かもしれないけど

良かったです





アムネリスの怜美うららさん

何か歌が・・・と

耳にしていたけど・・・





あの地声の歌で裏声は大変です。



台詞の声と歌の地声のしっかりさは

立派だと思いました。







初演を意識しているようで

自分の良いところを押し出しているのは経験でしょうね。









男役の皆さん!!







もっと土臭く力強さがあればな〜〜











今回の「王家に捧ぐ歌」は

桃子が12年の年齢を重ねたからでしょうか・・・





愛とはこんなにも別世界のロマンチック









宝塚物語を久々に感じたのです。













我が家のファラオ(エジプト王)SKY様



















posted by MOMOKO at 00:00| 未分類