2015年01月17日

NO.1742 20年前〜

今朝から特集番組がテレビで・・・





桃子は、

「阪神大震災」の言葉を聞くと

体のどこかに反応をするのがわかる。





恐ろしかった・・・

恐怖のショックは果てしなかった・・・





ベッドから天井にぶつかりそうな程に飛ばされた事。





家の中は幸運にも被害はそれほどでもなかった。



揺れの方向での幸運でした。







猫のジャムを

押し入れの隅で見付け抱き上げたら

ダラダラブラブラで腰を抜かしていて涙が止まらなかった。







受験を2ヵ月後に控えた生徒のなかに

震災で家崩壊と仕事の目処がたたずでの断念者が数名。





辛かったです。





電気もガスも水道も・・・





歪みずれたスタジオの鏡をにらみ

誰も来なくてもいいからとレッスン着で

暖房もない中に独りストレッチをして待ちました。





電車は動いていない

道はデコボコと亀裂

道路には自衛隊の車が並んでノロノロと・・・





来るはずのない生徒を何日も待ちました。





被害のなかった大阪の生徒が

何時間もかけて歩いて・・・





仁川から自転車で1時間かけて来たけど

自転車はパンク・・・





再会に喜ぶ暇もなく

バレエのレッスン〜〜

ピアノは地震でずれて移動のナナメ状態の中でやりました。







生涯の中で20年前に一番パワーを使った!!





食料も乏しく

電気もこない、暖房は真冬にない・・・

お風呂なんか夢で1ヵ月近く入らず・・・









現在のこの幸せを当たり前に思っている今・・・









もう一度あの日を思い出し

あのパワーと這い上がろうと頑張った

勝ち気の桃子を思い出してみたいと思います。
















posted by MOMOKO at 00:00| 日記